支払予定日の通知、実施者を確認できるようになります

支払処理を行った際に、支払予定日とコメントをメールにて通知できるようになります。また、その支払処理実行者や会計データ出力者を集計履歴で確認出来るようになります。

ログイン時に試行回数が設けられます

セキュリティ対応の一環として、ログインに際して試行回数が設けられます。

iOSに経費の編集履歴が表示されるようになります

申請後に編集された経費の情報をiOSアプリ上でも確認することができるようになります。(Androidの対応予定は未定です)

付加情報がインポートできるようになります

付加情報の登録・更新は画面から一つ一つ行う必要がありましたが、その操作をエクスポート・インポートで実施できるようになります。

部署管理にて並び順・部署コードを設定出来るようになります

 

会計データに部署コードを反映させる際には、付加情報を利用する形での対応を行っておりましたが、今後は部署管理にて設定が出来るようになります。

経費一覧において順送り(前後への移動)が可能になります

作成された経費を1件1件ではなく、連続して確認が行えるようになります!